三菱地所ホーム 住み心地

三菱地所ホームの住み心地について

家を建てるときに、やはり大切にしたいとなってくるのは、その住み心地ではないでしょうか。自分の暮らす家を建てるわけですから、やはり、自分や家族にとってベストな住み心地にしたいものです。とくに、お子さんやお年寄りがいるかただと、その思いも強くなるのではないでしょうか。

 

 

こういった中で、各ハウジングメーカーの提供する家の住み心地は気になるものですが、その住み心地というのも、各ハウジングメーカーによっていろいろなバラエティがあります。こういったなかで、自分にあった住み心地を提供してくれるハウジングメーカーを選んでいくことが大切になります。

 

 

そして、住み心地といったときに、家の中の空調の心地よさというところに、重点を置く方も多いでしょう。夏涼しく冬暖かい家というのは、やはり理想となります。こういったときに、全館空調に強みを持っているハウジングメーカーとしてあがってくるひとつが、三菱地所ホームとなってきます。

 

 

この三菱地所ホームの最大の売りとなっているのが、「エアロテック」というものです。これは、全館空調と換気を兼ね備えたシステムとなっていて、このシステムは同じ三菱グループの三菱電機と三菱地所ホームが、共同開発したシステムとなっています。

 

 

こういったところからも、エアロテックの機能性というのが、アピールされています。

 

 

一般的な家だと、全熱交換の換気システムは第一種換気というのが普通なのですが、「エアロテック」は第三種換気を採用しています。この第三種換気を用いることによって、第一種換気よりも消費電力が少なく、 しかも、全熱交換をするので、非常に省エネに有効だということになっています。

 

 

また、普通、全館空調というと、温度設定はフロアごと、1階と2階というような大枠での調整しかできないというふうに言われますが、おの「エアロテック」では各部屋ごとの温度設定が可能というのも、ポイントとなっています。

 

 

こういった機能性と省エネ性による全館空調での住み心地というのが、三菱地所ホームの売りとなっています。