三菱地所ホーム 耐震

三菱地所ホームの耐震について

地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅というのは、マイホームを建てるときの必須条件ともいえるでしょう。ただ、実際にどうなのかというのは、素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。

 

 

ただ、こういった耐震性の高さや低さといった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

そして、三菱地所ホームにおいては、スタンダードとなっている2×4工法の注文住宅において、高耐力壁「ハイプロテクトウォール」を標準採用し、全建物で耐震等級3を確保し、長期優良住宅の認定を取得する取り組みを行っているということが、業界でも話題となっています。

 

 

耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。

 

 

そして、耐震等級3が最高等級となっていますが、これを、三菱地所ホームでは提供できるようになっているということです。

 

 

つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえますので、三菱地所ホームの耐震性の高さがアピールできるポイントです。

 

 

ただ、もちろん、すべての三菱地所ホームの家が、3等級というわけではありませんので、三菱地所ホームで家を建てるにあたっては、打ち合わせの最初の段階で、どれくらいの耐震度合いを希望するのかというところを含め、相談するとよいでしょう。

 

 

実際、一般的に耐震等級の目安とされている基準として、耐震等級1というのが、 建築基準法(法律)と同程度の建物についての目安となっています。耐震等級3となると、耐震等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる、ということが基準となっています。

 

 

また、等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいかず、「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。

 

 

よって、建売を買うのでなく注文住宅とする場合には、コストとの兼ね合いもでてきますので、耐震性能とあわせて、確認していく必要があるといえるでしょう。